2021年6月8日、クロスボウの所持を許可制とする改正銃刀法が、衆院本会議で可決、成立しました。
法律は2022年3月16日までに施行される見通しで、都道府県公安委員会による許可制となり、
所持をする際には所持許可証(仮称)等のお手続きが必要となります。

すでにクロスボウをお持ちの方につきましても、
改正法の施行後、6ヵ月以内に許可証のお手続きが必要となります。

詳細については、警察庁HP【クロスボウの所持の禁止と所持許可制の導入等】をご確認ください。

また、所持許可の更新をするために必要なクロスボウの利用(射撃)機会については、
「試射会」として当協会で行っていく予定です。
新しい情報が入り次第、当サイトや会報でお知らせをしていきます。

今後もクロスボウを安全にお楽しみいただけますよう努めて参る所存です。
宜しくお願い致します。